最新の農業新聞 上伊那の話題

子ども食堂へ米とみそを提供/地元農畜産物・加工品のPRと食農教育として

更新JA上伊那

上伊那農政対策委員会は、地元産の米140kgとみそ約11kgを上伊那地域子ども応援プラットフォームが支援する「信州子どもカフェ」へ提供した。11月12日、伊那市狐島のJA本所では同委員でJAの営農経済担当常務を務める白鳥健一常務と同プラットフォーム代表運営委員の古畑克己さんが意見を交わした。
同JAは新型コロナウイルス感染症拡大の観点からJA上伊那まつり・支所祭を中止とし、本所・支所別に独自で代替企画を実施している。このうち本所では今年、「Welcome JA!」と題し実施。その企画の1つとして上伊那産の農産物・加工品の総重量を当てる「農産物重量当てクイズ」を企画した。同委員会からはJA上伊那のプライベートブランド「伊那華の」シリーズから上伊那産コシヒカリの「伊那華の米」と上伊那産大豆を100%使用した「伊那華のみそ娘」を手配。展示終了後の消費先として、上伊那産農畜産物・加工品のPRと食農教育のため、地域の子どもたちへ食事を提供する「信州子どもカフェ」を選んだ。
11月12日の「Welcomee JA」当日には古畑代表運営委員が会場を訪問。白鳥常務と意見を交わした。白鳥常務は「上伊那農政対策委員会としても地産地消に取り組み、今後互いにできることがあれば協力していきたい」と話した。古畑代表運営委員は「『信州子どもカフェ』の認知度拡大にご協力いただき感謝している。今回を機に連携を深めていきたい」と話した。
同JAでは各支所の組合員組織課を中心にフードドライブに取り組み、組合員・利用者から米や缶詰などを集め、同プラットフォームへ提供している。

米穀施設巡回/各CE・RCの処理能力、設備などを視察

更新JA上伊那

JA上伊那米穀部会・酒米専門部は11月22日、研修会を開いた。同部会の伊藤則男部会長やJAの白鳥健一営農経済担当常務など25人が参加。半日かけて管内の米穀施設を巡回し現地を視察したほか、現在建設中の南部CE(カントリーエレベーター)なども見学した。
管内は県下でも有数の米どころ。2つのアルプスから流れ出る雪どけ水を利用した稲作が行われている。昼夜の寒暖差が大きい内陸性気候のため、病害虫の発生が少なく、低農薬で粒張りの良い米が特徴。管内CEのサイロで籾のまま貯蔵し、注文に応じて籾摺りをして出荷する「今ずり米」は、1年を通じて品質と味が変わらず高い評価を受けている。
研修会では管内に8ヵ所あるCE・RC(ライスセンター)のうち、5ヵ所を視察。あわせて飯島CEの西側に建設中の南部CEを視察し、場長や建設担当者から処理能力や設備について説明を受けた。同JAは現在の赤穂(駒ヶ根市)・中川・宮田CE・RCを集約し南部CEを南部地区の米穀施設の拠点として建設を進めている。
巡回を終えて伊藤部会長は「新しい施設もこれまでの施設も部会で協力して大切に使っていきましょう」と呼びかけた。また、部会員からは「施設へは出荷時の忙しい時には来るのがほとんど。落ち着いた時期に改めて施設を見学できたのは良かった」と話した。

肥料・飼料・資材価格高騰支援対策/独自の支援で管内農家を守る

更新JA上伊那

JA上伊那は11月24日、肥料・飼料・資材価格高騰について独自の支援対策を行うと発表した。農業生産コストの急激な上昇により、農業者経営収支の悪化が懸念されることから「なくてはならないJA上伊那」として持続可能な農業をめざす。
支援対策は同JAの組合員(正・准)が対象。2022年1月1日~2022年12月31日に同JA資材部門もしくは同JAがインショップ提携する管内コメリ店舗8店で購入した肥料・飼料・一般資材(種苗花木、施設資材は対象外)・出荷資材の購入額に対し原則5%を支援する。コメリ店購入品は金額が確認できるものの提出を求める。支援総額は約1億3,000万円を予定。2023年2月に支援金額の算出を行い、3月下旬に口座への入金を予定している。
ほかにも今回の高騰の影響を大きく受ける同JA畜産部会員に対しても飼養頭羽数に応じた独自の支援を行う。
同JAの西村篝代表理事組合長は「厳しい社会情勢の中、組合員は大変苦しんでいる。廃業という最悪のケースにならないためにも独自に支援し組合員に還元していきたい」と話した。
組合員へは同JAの広報誌『る~らる2022年12月号』にて周知。また、2023年度についても支援を行う予定だ。

中学生へ酪農授業/搾乳体験、バターづくりも

更新JA上伊那

JA上伊那営農経済部畜産課は11月18日、中川村立中川中学校2年生46人へ酪農授業を行った。授業では酪農や牛乳の歴史などを説明。その後、手作りの搾乳マシンを使った搾乳とバターづくりを体験した。
同校では新型コロナウイルス感染症の影響で職場体験学習ができなかった生徒がいることから、総合的な学習の時間を使って仕事について学ぶ授業を計画。同村にない職種についても学んでもらいたいとJAに協力を依頼し酪農授業を行うこととなった。
この日、酪農教育ファームファシリテーターの資格を持つ同課の職員が、酪農の始まりや牛乳が給食で使われるようになった経緯などを説明。他にも、牛乳パックの表示規定やユニバーサルデザインの「切欠き」、誕生7周年を迎えた「酪農家のおもてなし牛乳」を企画開発した際の様子なども紹介した。
搾乳体験はJA職員からコツを教わりながら生徒全員が交代で挑戦。実際に体験することで難しさや大変さを学んだ。また、ペットボトルに牛乳と生クリームを入れて振ることでできるバターづくりにも挑戦した。
授業を受けた生徒は「切欠きで目の見えない人にもわかりやすくしているのがすごいと思った。牛乳やバターづくりの大変さも実際に感じることができた」と話した。
この日、授業で学んだ「酪農家のおもてなし牛乳」の1000ミリリットルを同JA酪農部会がひとり1本ずつプレゼント。牛乳を飲んで酪農家を応援してもらいたいと呼びかけた。

フォトコンテスト2022表彰式/昨年を上回る202作品が集まる

更新JA上伊那

JA上伊那は11月11日、「フォトコンテスト2022」の表彰式を伊那市狐島のJA本所で開いた。入賞者27人のうち17人が出席。西村篝代表理事組合長が1人ひとりに賞状を授与した。
フォトコンテストは、JA上伊那が発足した1996年から毎年開催しており今年で27回目。テーマは昨年同様「上伊那の『農のあるくらし』『魅力ある風景』」とし、作品を募集した。今年は上伊那管内を中心に県内外から55人、202作品が寄せられ、作品数は昨年を上回る応募があった。
10月には審査会を開き、フォトコンテスト部門14点とカレンダー部門13点の入賞作品を決定。入賞作品は同JAの広報誌の表紙や2023年オリジナルカレンダーなどに使う。
最優秀賞となるJA上伊那組合長賞には今年が2回目の応募という伊那市の伊藤覚さん(70)が受賞。伊藤さんは初めて応募した昨年にもカレンダー部門で採用されている。今年はリンゴ畑に咲く花が春を感じさせ、その奥にそびえる将棊頭山や空を含めてバランス良くまとまった作品が審査員の目を引いた。
伊藤さんは受賞者代表のあいさつで「自分や妻が良いと思った作品が審査員に評価されたというのは非常にうれしかった。最高位の賞を受賞できたことは写真を撮ることへの励みになる」と笑顔で話した。
西村組合長は「今年も管内の四季折々の1場面を切り取っていただいた。ぜひ来年も腕を磨いていただき、写真で上伊那をPRしてほしい」と期待した。

一覧を見る