最新の農業新聞 上伊那の話題

見学、体験で地元農産物を知る、JA上伊那准組合員限定イベント

更新“地域”への取り組み

JA上伊那中川支所は11月21日、准組合員限定イベント「親子収穫体験ツアーin中川」を開いた。このイベントは准組合員にJAや農業について知ってもらうことを目的に昨年から管内12支所でそれぞれの特色を生かしたイベントを開催している。今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止により中止とする支所が多い中、同支所は移動を自家用車に変え、マスクの徹底、移動前と後で消毒を促すなど感染対策を徹底することで開催を決めた。昨年から中川村役場産業振興課農政係(中川村営農センター)と合同で開催し、この日は11組32人が参加。キノコや花卉、野菜、果樹の収穫体験や施設見学を行った。
最初に訪れた農事組合法人アルプス三和では、ブナシメジの栽培過程を施設を見学しながら学習。見学を終えた参加者は専用の瓶から生えたブナシメジの収穫を体験した。花卉農家の栗山明さんの農園では色とりどりのアルストロメリアを見学。参加した子どもは恐る恐るアルストロメリアの茎にハサミを入れ収穫した。GOKOとまとむら(株)ではトマト栽培の施設を見学。大小さまざまなトマトに参加者は目を奪われた。最後に松村栄一さんの農園でリンゴの収穫。イベントを楽しみながら、地元生産者の農産物に対する愛情や栽培の大変さを学習した。
昨年も参加したという子どもは「ブナシメジの収穫体験が楽しかった。来年も参加して農業のことをもっと知りたい」と笑顔を見せた。
同支所の伊藤淳支所長は「地元でどんな農作物が栽培されているか知らない人が増えているように感じる。今回のようなイベントを通じて、農家の苦労とともに肌で農業を感じてもらえれば」と話した。

組合員の声に応え、ATMブースを移転・新設

更新“地域”への取り組み

JA上伊那金融部は、伊那市上牧のくらしのセンター敷地内のATMブースを移転・新設し、11月18日から稼働を始めた。
これまでのATMブースは開設から30年以上が経過し、老朽化が進んでいた。組合員からも更新を求める声が上がっており、要望に応える形で新設の運びとなった。
新しいATMブースは、同センターの敷地内の県道19号に面する位置に移転し設置され、通行する車両からもわかりやすくなった。設置されたATMブースは、3月末に廃止した他のATMブースを移設し、固定資産の有効活用にも役立てた。
新しいATMブースを利用した客は「以前と比べ、広くきれいになった。清潔感もあり利用しやすくなるのでは」と感想を話した。
同JAの鳥原秀夫金融部長は「これまで以上に利便性の向上が図れるよう、通行車両からもわかりやすい幹線道路沿いの場所へ移転した。ぜひ多くの方に利用してほしい」と期待をこめた。

地元農産物の販売で地域を元気に、ドライブスルー販売会開催

更新“地域”への取り組み

JA上伊那飯島支所は11月14日、旧飯島果実選果場で事前予約方式による「地元農産物&6次化商品ドライブスルー販売会」を開いた。
飯島町では毎年JAの支所祭と町商工会の商工祭を同日に開き、町ぐるみのイベント「いいちゃん産業祭り」として地元農産物の販売などを行っている。今年は新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から中止となったが、同支所ではコロナに負けず地元の生産者、住民に元気になってほしいとの思いから感染対策に配慮した農産物の販売方法を検討し、ドライブスルー販売会を企画した。
販売する商品は町内の生産者、商工業者を対象に出店者を募集し、リンゴや花、もち米などの農産物のほか、漬物やジュースなどの6次化商品など49品を用意。10月中旬から事前予約を開始し約200件の予約を受け付けた。
当日は、渋滞回避のため受付番号により来場時間を振り分けての対応。指定の時間に訪れた来場者が持参した予約受付表を確認しながら、職員が商品を車に積み込み、来場者は車から降りることなく商品を受け取った。
また、販売会終了後には、購入者の中から商品券などが当たる抽選会を実施。当選者には後日当選品を渡す。
成澤晃明飯島支所長は「町や商工会の協力もいただきスムーズに開催することができた。地元の農産物、6次化商品の販売により地域の生産者の支援につながれば」と話した。

さらなる力作に期待、JA上伊那フォトコンテスト2020表彰式

更新“地域”への取り組み

JA上伊那は11月13日、「フォトコンテスト2020」の表彰式を伊那市狐島のJA本所で開いた。入賞者27人のうち15人が出席し、御子柴茂樹組合長が1人ひとりに賞状を手渡した。
フォトコンテストは、JA上伊那が発足した1996年から毎年開催している。25回目となる今年は「上伊那の農のある暮らし、魅力ある風景」をテーマに作品を募集。64人から過去最高となる238作品が寄せられた。
10月に審査会を開き、フォトコンテスト部門14点、カレンダー部門13点の入賞作品を決定した。入賞作品は、同JAの広報誌の表紙や2021年オリジナルカレンダーに使う。
最優秀賞となるJA上伊那組合長賞とカレンダー賞を同時受賞した辰野町の北原雅光さん(85)は「撮影した写真がこのような形で生かされたことは本当に光栄。体が許す限り好きな写真を撮り続けていきたい」と話した。
御子柴組合長は「同じ場面でもとらえ方によってこんなに変わるのかと毎年感動する。自信と誇りをもってカメラを構えていただき、来年も作品を提供いただきたい」と期待した。
入賞作品は、11月16日から30日まで、本所正面玄関ロビーで展示する。

観察してきたリンゴの収穫迎える、小学校3年生リンゴ学習教室

更新食農教育

JA上伊那南箕輪支所は11月10日と11日の両日、南箕輪小学校と南部小学校の3年生153人を対象にリンゴ学習教室を開いた。地域のリンゴ農家から年間を通じて栽培方法を学習することで、普段よく食べているリンゴの成長過程や農家の苦労・工夫を学ぶ目的で毎年、年4回開催している。
今年は新型コロナウイルスの感染拡大により、1回少ない3回となった。
6月に第1回の教室がスタートし、2回にわたり大きさを測り、リンゴをスケッチ。成長過程を記録してきた。他にも自分のリンゴがわかるようにテープを枝に縛り付けたり、模様がつくように、赤くなる前に名前や絵などを書いたシールを貼るなど自分ならではのリンゴにしてきた。今回で最後の生育調査と収穫を迎える。
伊那市西箕輪の白鳥勲さんの農園には南箕輪小学校の64人が参加。白鳥さんは「小さい実から見てきたリンゴが収穫を迎えた。見て、食べて、おいしいと思ってもらいたい」とあいさつ。児童は自分のリンゴを見つけると、物の幅や厚みを測る定規「ノギス」で大きさを測り、きれいに色づいたリンゴをスケッチした。最後のスケッチを終えた児童は自分のリンゴを収穫。大きなリンゴを収穫した児童は「大きくなってくれて嬉しい」と笑顔で話した。
最後に児童は白鳥さん、同JAにお礼を込めて全員が大きな声で「ありがとうございました」とあいさつし、リンゴが無事収穫できた感謝を伝えた。
児童がまとめた記録は11月18日から11月27日まで同支所で行われる「活動展」に展示される。

一覧を見る