最新の農業新聞 上伊那の話題

米個袋初集荷/初日はほぼ全量が1等に格付け

更新“農業”への取り組み

JA上伊那は9月17日、伊那市富県の北福地農業倉庫で令和3年産米個袋の初集荷を行った。当日は台風14号による雨天が心配されたが、半日で同市内の「コシヒカリ」や「あきたこまち」など849袋を集荷した。
集荷には農産物検査員やJA職員など約30人が対応。同施設の埋橋豊茂庭長は「作業中の事故など、安全には十分注意し作業してもらいたい」とあいさつした。その後はJA職員などが事前に依頼のあった農家へ集荷に向かった。
集められた米個袋は農産物検査員が専用の「穀刺し」を袋に刺して米を取り出し、品質や水分量を検査した。849袋のうち、ほぼ全量が1等に格付けされた。等級が決まった米個袋には検査の証明印が押され、品種や等級ごとに倉庫に納められた。
また、同日に予定されていた農産物検査員の目揃え会は雨天を考慮し、21日に行われ、JA全農長野米穀課の担当者が県内で始まった検査の状況について説明した。
今年は上伊那管内で26万俵の受け入れを見込んでいる。

第15期ミドルミズ大学/車の点検方法学ぶ/JA上伊那生活部会

更新“くらし”への取り組み

JA上伊那とJA上伊那生活部会が開く世代別女性講座「ミドルミズ大学」第3回講義が9月2日と3日、6日にリモートで開かれた。今回は「大切な愛車を守るために~女性にやさしいオートパル上伊那~」と題し、同JAの協同会社、(株)オートパル上伊那の社員を講師に自家用車の点検や整備について学んだ。同社と合同企画での講義は初となる。
ミドルミズ大学は45歳以上65歳以下(令和3年3月31日現在で65歳)のJA上伊那生活部会員で「家の光」購読者が対象となっている。第15期目となる今年は北部・中部・南部で47人が受講。受講者は7月に行われた第1回講義でパソコンやスマートフォンにアプリをインストールし、使い方を学習した。今後予定しているリモート講義や今回のような急なリモート講義にもスムーズに繋がるよう備えていた。
9月6日に行われた南部校では同JA本所と受講者を繋ぎ、同社の唐木敏秀総務部長と六波羅和徳工場長が事前に行ったアンケートをもとに、エンジンオイルやタイヤ、ワイパーの交換時期、ウォッシャー液の補てん方法など個人でも行える点検や整備について講義した。
終了後、参加者からは「女性にもわかりやすく教えていただき、とてもよかった」との連絡もあった。
答えきれなかった質問は、次回講義の際に回答集をつくり、配布する予定。

西箕輪小学校「お米学習教室」/5年生稲刈り作業/伊那市立西箕輪小学校

更新食農教育

伊那市の西箕輪小学校5年生は「お米学習教室」の一環として、21日稲刈りを行った。お米学習教室は、小学校におけるお米やごはん食の理解と食農教育の推進に資する稲作体験等の取り組みに対し、JA上伊那から助成を行い、各小学校主体となって活動しているものである。
同日は、JA上伊那伊那支所や青壮年部西箕輪支部、地元農家の協力のもと、5年生2クラス60人の児童が手刈りによる稲刈りを体験した。同校へ約20年にわたり田んぼを提供している唐澤佐源治さんから「4月に植えた苗が125日たち大きく成長した。みんなで世話をしてきたお米をしっかり収穫してほしい」とあいさつし、稲刈りの方法を説明した。
児童は3人1組で、刈る人・運ぶ人・縛る人と作業を分け、交代しながら稲刈りを行った。作業を行った児童は「大変だったけど、これでお米になるならがんばれる。農業の楽しさがわかった」と感想を話した。
今回刈り取った稲は、同校で、はざ干しを行い、10月5日に脱穀を予定している。その後、小分けにして販売や調理実習で炊飯して食べる予定。

梨の収穫期を迎える/管内でも収穫時期に差

更新“農業”への取り組み

JA上伊那管内で梨が収穫期を迎えている。今年は南部地区での開花時期が過去最速となり生育が進んでいるのに対し、北部地区は平年並みの生育となっている。そのため、管内でも生育状況に差があり、同JAの果実指導員は適期収穫を呼びかけている。
中川村の寺沢晴男さん(76)は約20アールの農園で梨の「幸水」や「二十世紀」、「あきづき」を栽培。9月10日には「二十世紀」の収穫作業を行った。1日平均で約20コンテナ(1コンテナ40個)を収穫する。「二十世紀」は他の品種に比べ、皮が薄く傷みやすい。そのため、病害虫予防や雨などが直接当たらないよう袋をかけて栽培し、出荷の際も押しキズにならないよう、特に気を付けて作業しているという。
寺沢さんは「今年は食味も良く、いい二十世紀ができた。適期を逃さないよう収穫をしていきたい」と話し、出荷を待ってくれている人においしい梨を届けたいと意気込んだ。
同JAでは8月12日から早生種の「幸水」の出荷が始まっている。その後、中生種の「二十世紀」、晩生種の「南水」、洋ナシの「ル・レクチェ」などと品種を変えながら10月末まで出荷が続く。管内では全品種合わせて620トンの出荷を見込んでいる。

厚生連病院への農畜産物送付事業/PB「伊那華の」シリーズ送る

更新“地域”への取り組み

JA上伊那青壮年部は9月6日、富士見町の富士見高原医療福祉センターへJA上伊那のプライベートブランド「伊那華の」シリーズを寄贈した。
この取り組みはJA長野県青年部協議会設立70周年記念事業の1つ。新型コロナウイルス感染症の対応に尽力している医療従事者等へ感謝の意を込め、各地域の厚生連病院へ8月から11月まで単組ごと農畜産物を寄贈している。JA上伊那は2019年に介護保険事業をJA長野厚生連に移管。上伊那管内には同センターが管轄する9つの老人保健施設などがある。
この日は、JA上伊那青壮年部の伊藤将史部長と事務局職員が同センターを訪れ、矢澤正信統括院長に上伊那の小麦や夏秋いちご、りんごを100%使用した「信州の伊那華のりんごワッフル」と「信州の伊那華のいちごワッフル」、同じく上伊那のそば粉と小麦粉100%使用の「伊那華そば」、合わせて550個を贈った。
伊藤部長は「日常業務に加え、新型コロナウイルス感染症対策と、公私ともに忙しい中、上伊那の農産物で少しでも息抜きしてもらえれば」と話した。矢澤院長は「とても心強い。上伊那の気候で育ったおいしい農産物を食べて引き続き職員一同頑張っていきたい」と決意した。
同センターでは贈った農産物を職員に配布し食べてもらう予定。

一覧を見る