最新の農業新聞 上伊那の話題

スマート農業実演会が開かれる/園芸品目のさらなる発展に向け

更新JA上伊那

JA上伊那や伊那市などは農業の担い手不足や高齢化などの課題を解決するため、スマート農業技術の導入を推進し、作業の効率化を図っている。11月19日には、同JAの協同会社である株式会社JA菜園でスマート農業実演会を開いた。実演会には生産者や関係者ら約60人が参加。アスパラガス自動収穫機と自動操舵トラクターの実演を行った。
アスパラガス自動収穫機は昨年度から3年間の計画で開発を進めている。車体に取り付けた2つのカメラで、アスパラガスの長さを計測。自動で走行しながら、事前に設定した基準に基づき、規格に合う長さのものだけを収穫することができる。
実演会では実際に長さの違うアスパラガスが用意され、参加者は自動収穫機の動きを確認した。また、接続されたパソコンから走行距離や収穫状況なども確認。将来的にはスマートフォンアプリへの通知を検討している。
自動操舵トラクターはGPSを搭載。位置情報をもとに設定した経路を自動走行しながら、耕起や播種などを行うことができる。初心者でも扱いやすいため、作業の均一化や省力化が期待される。実演では実際に参加者がトラクターに乗車、性能を確かめた。
参加者は「収穫が機械化できれば作業がとても楽になる。さらに夜間を通して作業ができれば効率も上がるため助かる」と期待。
同社の社長を兼務するJAの白鳥健一営農経済担当常務は「機械化に頼ることは、園芸品目をさらに発展させるために大きな意義がある。実用化され現場で活用できるよう働きかけていく」と話した。

JA上伊那野菜部会「販売出荷報告会」開催/本年度の販売実績と次年度に向けて意思統一

更新JA上伊那

JA上伊那野菜部会は11月26日、伊那市狐島のJA本所にて「販売出荷報告会」を開催した。管内の部会員94人が集まり、JA営農経済部園芸課担当職員から令和3年度の販売実績報告や令和4年度の生産計画などについて説明がされた。
令和3年度の生産販売経過及び出荷実績報告では、10月末時点で14億1千万円の実績となっており、前年対比で数量109.3%と好調であったものの、単価が低く金額では95.1%の実績にとどまった。11月以降は、同JAの野菜の主力生産品目である白ネギの販売実績が計上され、年度締めを迎える。
また会議内で、各市場とWEBでつなぎ、市場担当者から各市場での販売状況など説明がされた。部会員からも質問がされ、来年度に向けた生産対策の参考となった。
同JAの白鳥健一営農経済担当常務は「WEBでの各市場の様子を来年の参考にして野菜生産に取り組んでほしい。有利販売に向け、JAも一丸となって取り組む」とあいさつをした。
令和4年度の目標野菜販売高23億円に向け、部会員全体で意思統一を図った。

秋の相談会/生活用品やガス器具、農機が買える

更新JA上伊那

JA上伊那は11月19日と20日の2日間、「秋の相談会」を伊那市上牧のくらしのセンター・上伊那LPガスセンター周辺特設会場で開いた。生活用品やガス器具、農業機械が1ヵ所で見学、購入できることもあり2日間で335人が来場した。
「秋の相談会」は同JA営農経済部生活エネルギー課で年5回開催される相談会の4回目。例年、10月~11月は本所の「JAまつり」や各支所の「支所祭」で相談会を行っていた。今年は新型コロナウイルス感染症の影響で「JAまつり」などは中止となったため、生活エネルギー課と向かいに店舗を構える農機伊那センターが合同で初開催した。
2日間を通して、施設屋外には農機伊那センターからトラクターやスパイダーモアなどが展示され、屋内では「クミアイ豆炭」や豆炭コタツに必要な「グラスマット」の交換、ガスコンロなどの販売が行われた。また、会場内の3センターを回って集めるスタンプラリーを実施。すべて集めると1等のオーブントースターをはじめとした豪華賞品が当たる福引となっており、多くの来場者でにぎわった。
見事、1等を当てた伊那市野底の男性は「相談会をやると聞いたので見に来た。ほしいものが買えて、おまけに福引も当たり、とてもいい日になった」と笑顔で話した。
生活エネルギー課では、年内最後となる相談会を12月17日、18日に予定している。

上伊那農業経営講座が開講/実践に向けた知識の習得へ/JA上伊那、上伊那農業農村支援センター

更新JA上伊那

JA上伊那と上伊那農業農村支援センターは11月17日、伊那市狐島にある同JA本所で上伊那農業経営講座を開講した。複式農業簿記の初心者が対象で、今年は14人が受講。12月まで全6回の講義を計画している。
この講座は自らの経営での活用に向け、基礎的な知識を習得することが目的。複式農業簿記の基礎から決算書の作成までを学ぶほか経営管理、経営計画などを習得する。6回目の講義では実際にJA長野県グループの「ソリマチWeb農業簿記」の体験を予定。所得に基づいた正しい税務申告や、自らの経営分析能力の向上などを目指す。
開講式後、1回目の講義では長野県農政部農業技術課の副主任専門技術員を務める高橋達男さんを講師に、農業経営の基本を学んだ。高橋さんは「記帳は農業技術の成果を金額で表現すること。経営状態を確認するための良い手段になる」と簿記の重要性を説明。受講生はメモを取りながら話に耳を傾けた。
この講座に参加した宮澤岳徳さん(43)は「今回の講座で簿記の基本的なところから確認し、活用できるようにしていきたい」と話した。

特殊詐欺被害未然防止/積極的な声掛けで被害防ぐ/ファミリーマートJAいいじま店

更新JA上伊那

JA上伊那の協同会社、(株)グレースが運営するファミリーマートJAいいじま店で特殊詐欺被害を未然防止した。11月15日には同店で駒ヶ根警察署長から店長の小松明弘さんへ感謝状が手渡された。
10月25日の午後10時ごろ、60代の男性が来店。27万円分の電子マネーの購入を申し出た。レジで対応をした小松店長が金額の大きさを不審に思い、同署から配布されている封筒を見せながら警察への相談を促したところ、「コンピューターウイルスのセキュリティーソフトの購入代金」と話したことから特殊詐欺被害を疑い、男性の了承を得て同署へ通報した。
小松店長は以前に店長として勤務していたJAいな店とJA中川店でも未然防止に貢献し、伊那署や駒ヶ根署から感謝状を受け取っている。「何度表彰を受けたよりも、1人でも被害にあう方が減ったことがうれしい。引き続きスタッフ一同、積極的に声を掛け、未然防止に貢献していきたい」と話した。

一覧を見る