あぐりスクール

JA上伊那では、小学生を対象にした「あぐりスクール」を開催しています。『いただきますの向こう側へ』をキャッチフレーズに、「食」とその背景にある「農」について、1年かけて体験しながら学んでいきます。毎年多くの子どもたちが参加し、一回り大きくなって卒業していきます。

活動の様子はこちら

チャイルドファーム21

若手農家でつくるJA上伊那青壮年部では、子どもたちが農業に触れる機会を増やすことを目的とした「チャイルドファーム21活動」に取り組んでいます。地元の園児や小学生といっしょに野菜の種をまいたり、収穫をしたり、支部ごと趣向を凝らして取り組んでいます。