1. ホーム
  2. くらし
  3. 今月のお母さんの手作り料理
  4. 2016年10月

今月のお母さんの手作り料理 桑澤幸代 桑澤幸代
辰野支所 生活部会長

10月
今月から上伊那地域で支所祭や農業祭が始まりました。今年も多くの方のご来場をお待ちしています!

ヒマワリ油で健康生活

 猛暑続きだった夏も終わり収穫の秋を迎えました。我が家は5年ほど前から、生活班で食用油用の『春りん蔵ひまわり』の種をいただいてから、毎年ヒマワリを育てています。
 ヒマワリ油はオレイン酸やビタミンEなどを多く含み、とてもヘルシーな油だそうです。毎年JAを通じて搾油してもらい、炒め物やドレッシング、手づくりマヨネーズなどに使っています。種を脱粒する時はハウスの中でラジオを聴きながら何日もかけて行い、きれいに選別する作業をします。大変ですが花が咲く時は壮観ですし、毎年油になって返ってくるのが楽しみでやめられません。
 栽培を始めたころは少ししかつくれませんでしたが、昨年は400mlペットボトル42本分もできました。ヘルシー油はゴマ油やオリーブオイル、グレープシードオイルなどが有名ですが、自分で育てて油にすることは難しいと聞いています。ヒマワリは手軽に育てられるので、興味がある方はぜひ挑戦してみてください。
 今年は他にも、初めて花オクラや白ナス、沖縄県や石川県金沢市などでよく栽培されている金時草(ハンダマ)などに挑戦しました。農業は楽しいですし、育てた野菜がほしい時にすぐ採りに行けるのはありがたいです。
 今回紹介するレシピは、目やお肌に良いとされている女性に有益なポリフェノール、GABA、ベータカロテンなどが豊富に含まれている金時草を使った天ぷらです。ヒマワリ油で揚げると、さらに健康に良いと思います。サクッとした食感のあとに、粘りを少し感じられるおいしい天ぷらになります。金時草は店頭ではめずらしい野菜ですが、JAの直売所やA・コープの直売コーナーに時々出荷されていることがありますので、見かけたらぜひ試してみてください。

ヒマワリマヨネーズのペンネサラダ ヒマワリマヨネーズのペンネサラダ
材料
4人分
ペンネ(マカロニ)150g
キュウリ2本
固ゆで卵2個
ロースハム4枚
チーズ50g
オリーブ油小さじ4
コーン缶100g
黄卵1個
大さじ1
塩コショウ少々
ヒマワリ油1カップ
レモン汁小さじ1
しょう油小さじ1/2
少々
作り方 ① キュウリは輪切りにして塩を振り、しんなりしたら水気をとる。固ゆで卵、ハム、チーズを適当な大きさに切る。
② 全体量の1%の塩を加えてゆでたペンネを、流水で冷やしてから水気をとる。オリーブ油をまわしかけてよく混ぜる。
③【ヒマワリマヨネーズ】ボウルにA を入れよく混ぜ合わせる。ヒマワリ油は最後に少しずつゆっくりと加え、トロリとするまで泡だて器でよく混ぜる。
④ ボウルに①とコーン缶、②を入れて③のヒマワリマヨネーズを大さじ6 加えてよく混ぜる。B で味を調え、冷蔵庫で1時間ほど置けば完成。
金時草の天ぷら 金時草の天ぷら
材料
金時草適量
薄力粉適量
薄力粉1カップ
片栗粉1/4カップ
ベーキングパウダー小さじ2
小さじ1/2
150cc~200cc
作り方 ① 洗って水気をとった金時草に薄力粉を振りかけておく。
② Aを混ぜる。水は最後に粉のようすを見ながら入れて、さっくりと混ぜ合わせる。
③ 金時草に②の衣をつけて(べったりつけない)、170℃の油であげる。すぐに火が通るのでさっ と揚げれば完成。