1. ホーム
  2. くらし
  3. 今月のお母さんの手作り料理
  4. 2016年5月

今月のお母さんの手作り料理 山﨑雅子 山﨑雅子
南箕輪支所 生活部会長

5月
県下でもトップクラスの米どころ上伊那では、5月の中下旬から本格的に田植えが始まります。今年もおいしいお米が収穫できるよう、生産者の皆さんが丹精込めてつくっています!

孫たちの大嵐

 「ただいま〜!」、「腹へったぁ、ばあちゃん何かあるー?」。普段は一人暮らしで静かな我が家に突然の大嵐!少し遅れてお母さんが「すみません。今日は急にサッカーの練習がなくなったので...」と、申し訳なさそうに入ってきます。松本に住んでいる我が家の孫は男の子3人で、皆サッカー部です。私は一人暮らしで細々と農業をしているのですが、時々、しかも前ぶれなくこんな嵐が吹き荒れます。
 そんな時に力を発揮してくれるのが、冷凍お餅と冷凍おこわです。幸い孫たちはお餅が大好きで、しょう油やきなこ、ゴマ、クルミ、チーズなどそれぞれ好みは違いますが、お餅があればその場はなんとかなります。そして、松本へ帰る時には冷凍のお餅を持たせています。おやつに持たせたり練習に行く前に食べさせたりなど、お母さんも重宝していると喜んでくれています。そのため、我が家では夏でも餅をたくさんつき、ストックを欠かさないようにしています。
 こんな食べ盛りの孫たちは、野菜の煮物も大好きです。前もって帰宅する日が分かっていれば、筑前煮やイモの煮ころがし、けんちん汁などをつくっておきます。特に、ジャガイモの小イモを素揚げにして甘じょっぱく煮た物は大好物で、イモ掘りの時期を楽しみにしているようです。
 一番下の子は、イモ掘りの時には3人くらい友だちを連れて来て、イモ掘りをしてから家の前を流れる大泉川で水遊びをします。夜は皆いっしょに、1つのお風呂に入って大はしゃぎするのがとても楽しいようです。でも、この子ももう中学生。上の子は親元を離れて大学へ行きました。我が家を襲う大嵐も年々静かになっていくようで、安堵とともに一抹の寂しさを感じる今日このごろです。

豚バラ肉と温野菜のサラダ 豚バラ肉と温野菜のサラダ
材料
4人分
豚バラうす切り150g
キャベツ5~6枚
モヤシ1袋
菜の花(季節の緑色野菜)100g
塩コショウ少々
大さじ2
作り方 ① キャベツを3cm くらいのザク切りにし、豚肉と菜の花を3cm くらいに切っておく。モヤシは洗って水をきっておく。
② 油をひかずに、フライパンにキャベツを敷くように入れて、その上にモヤシを平らに置く。
③ 豚肉を重ならないように並べ、軽く塩コショウをふる。その上に菜の花を散らし、上から酒を回しかける。
④ ふたをして、中火で8 分~ 10 分くらい蒸したら完成。
※お好みでポン酢やドレッシングをかけて食べてください。
フライパンでつくるリンゴケーキ フライパンでつくるリンゴケーキ
材料
直径23cmのフライパンで
リンゴ1個
バター大さじ2
シナモン(お好みで)少々
エーコープむしパンミックス1カップ強
1個
牛乳50cc
砂糖(お好みで)大さじ2
作り方 ① リンゴの皮をむいて16 等分のくし型に切る。
② フライパンにバター大さじ1 を入れて溶けたら、リンゴと砂糖を入れて裏返しながら中火で炒める。好みでシナモンをからめる。
③ ボールに卵と牛乳、砂糖を入れてよく混ぜたら、バター大さじ1 を溶かして加え、さらに混ぜる。
④ フライパンにある②のリンゴを形よく並べ直し、③の生地をリンゴの上に流し入れて平らにする。ふたをして弱火で約10 分、蒸し焼きにする。
⑤ 表面が乾いて小さい穴ができたら、大皿にひっくり返してのせれば完成。