1. ホーム
  2. 農業
  3. 上伊那の農畜産物
  4. かみいなの野菜

かみいなの野菜 かみいなの野菜

長野県の南部、伊那盆地の北半分を占める上伊那は、太平洋側に近い内陸性気候。長野県のなかでも降雪量は一般的に少なく、冬は晴天率が高く日照も豊富なため、一年を通じて多品目の野菜を栽培しています。なかでも、冷涼な気候を好むアスパラガスやブロッコリーなどが圧倒的な生産量を誇ります。夏場はトマトやスイートコーンなどが甘みが強く人気です。

上伊那で生産される代表的な野菜

  • アスパラガス 長野県は生産量全国2位を誇るアスパラガスの一大生産地。上伊那のアスパラガスは、10・11月を除いた長期にわたって出荷されています。選荷場へ出荷する前に「水揚げ」をしていることが市場や小売店から高い評価を受けています。
  • ブロッコリー 主力品目のブロッコリー。出荷時期は6月から7月、9月から10月までで、ピーク時には1日4千から5千ケースを中京、関西方面に出荷しています。鮮度を保つため、収穫後は氷詰めにして出荷しています。
  • トマト 上伊那の昼夜の温度差を生かしたトマトは甘みが強く、人気の高い品目のひとつ。完熟し、へたの付け根まで真っ赤に熟したトマトは、ビニール袋やラップに包んで、お尻が潰れないようへたを下にして冷蔵庫で保存します。
  • スイートコーン 鮮やかな黄色い実の一粒一粒に糖分がたっぷりと詰まったスイートコーン。上伊那の出荷時期は7月がピークです。ビタミンB1・B2・Eを多く含むなど高い栄養をもっています。収穫後、急激に鮮度と甘味が減少してしまうため、鮮度を保持し迅速にお届けしています。
  • キュウリ 春からハウス栽培のもの、7月から露地ものが出荷されます。さわると痛いほどイボがしっかりしていて、色が濃く、太さが均一であまり大き過ぎないものがおすすめです。
  • 白ネギ その味わいと食感から、市場関係者に評価の高い上伊那の白ねぎは、主に名古屋・大阪・九州方面へ出荷されています。出荷は8月から12月まで。10・11月のピーク時には、毎日約1,000箱を出荷しています。

冬の上伊那はイチゴ天国!
上伊那では1月から6月下旬ごろまで伊那市、駒ヶ根市、中川村の6ヶ所のイチゴ園でイチゴ狩りが楽しめます。すべて清潔なハウス内で立ったまま摘み取りが楽しめる「高設ベンチ栽培」。冬場の晴天率が高い中で、太陽をいっぱいに浴びた質の良いイチゴが栽培されています。なかでも人気は、大粒で甘みが強い「章姫(あきひめ)」。このほか、園によって「女峰」や「とちおとめ」「紅ほっぺ」などが栽培されています。

形の美しさから名称に「姫」がつけられたという大粒いちご「章姫」

上伊那のイチゴ園

施設名 住所 電話番号
アクアロマン駒ヶ根園 駒ヶ根市赤穂3440  0265-81-7515
アクアロマン中川園 上伊那郡中川村片桐6892-1 0265-88-4115
たかずやファーム苺園 駒ヶ根市東伊那3288 0265-81-6558
伊那森パークいちご園 駒ヶ根市東伊那伊那耕地330 0265-82-6010
ヨッシャア駒ヶ根 駒ヶ根市赤穂759番地36 0265-82-6440
伊那みはらしいちご園 伊那市西箕輪羽広3447-2 0265-74-7430