1. ホーム
  2. 農業
  3. 農業新聞 上伊那の話題
  4. ヒマワリ迷路、園児が大冒険

ヒマワリ迷路、園児が大冒険

 

ヒマワリ迷路を笑顔で駆け回る園児たち

2017.08.08 [JA情報]

長野県のJA上伊那青壮年部西箕輪支部は7月31日、伊那市西箕輪に完成したヒマワリの迷路に、西箕輪南部保育園の園児約45人を招待した。園児たちは歓声を上げながら迷路を駆け回り、ゴール目指して楽しんだ。
この企画は2年目で、約12アールの耕作放棄地を活用して制作。今年は背丈の低い品種に切り替え、園児たちの目線でも花が楽しめるように工夫した。観賞後は土にすき込み、土壌改良の縁肥として活用。約1万本のヒマワリが咲き誇る畑は評判で、多くの住民やカメラマンが足を運ぶ。見頃は8月上旬まで。
園児たちは大喜びで、汗びっしょりになりながら、何度も挑戦した。同園は「よい遊び場になります」と感謝。同支部の重盛千冬支部長は「作ったかいがあった。たくさん自然の中で遊んで、健康で丈夫に育ってほしい」と笑顔を浮かべた。