1. ホーム
  2. 農業
  3. 農業新聞 上伊那の話題
  4. BBQ施設オープン

BBQ施設オープン

 

バーベキューを楽しむJAの牛山専務(右)と白鳥市長

2017.04.06 [地域情報]

長野県伊那市西箕輪の農業公園「みはらしファーム」内に、1日から新たに「バーベキューガーデン」がオープンした。同園の収穫体験で取った野菜や直売所で買った地元野菜を、その場で味わうことができる施設として市が整備。JA上伊那が指定管理者で、JA子会社グレースが運営する。市やJAは地元食材の消費拡大と、来客者増加による地域の活性化を期待している。
同ガーデンは1棟8人まで利用できる施設5棟、40人収容可能な団体向け施設1棟、洗い場が1棟あり、同時に80人まで利用可能。約800平方メートルの芝生広場も隣接し、目が届く場所で子どもを遊ばせることができる。解放感のある木造の屋根付きで、南アルプスを望める。
3月29日には竣工(しゅんこう)式を開き、関係者約60人が参加。テープカットなどの後、バーベキューを楽しんだ。同市の白鳥孝市長は「ここでは農業、食、観光の全てが楽しめる。地元農畜産物のPRと、農業振興推進の場となればいい」と強調。JAの牛山喜文専務は「観光客はもちろん、地元の住民の憩いの場にもなってほしい」と期待を込めた。