1. ホーム
  2. JA上伊那のご案内
  3. JA上伊那フォトコンテスト
  4. フォトコンテスト2013

JA上伊那フォトコンテスト2013入賞作品

JA上伊那組合長賞(最優秀賞)

黄金色に誘われて! 黄金色に誘われて!
伊那市富県 小林 兼久さん

優秀賞

  • さあ始まるよ さあ始まるよ
    中川村 宮澤 信さん
  • 稲刈りの頃 稲刈りの頃
    伊那市荒井 向山 世男さん

ふるさと景観賞

  • 水仙とやまなみ 水仙とやまなみ
    伊那市富県 田畑 平吾さん
  • 花のある風景 花のある風景
    飯島町 小林紀一さん
  • 春の競演 春の競演
    埼玉県 早野由香さん

地域づくり賞

  • 桜の咲く頃 桜の咲く頃
    千葉県 小栗山秀男さん
  • 赤そば小径 赤そば小径
    神奈川県 岩渕貴志さん
  • さんよりこより さんよりこより
    伊那市西春近 久保村由人さん

特別賞

  • 落日の田 落日の田
    伊那市西春近 酒井幸一さん
  • 市長の休日 市長の休日
    駒ヶ根市赤穂 井口眞吾さん

JA上伊那フォトコンテスト2013
テーマ:上伊那の農のある暮らし

 毎年多くの方からご応募いただき、今回で18回を数えたJA のフォトコンテスト。「上伊那の農のある暮らし」をテーマに作品を募集したところ、33人から70作品の力作をご応募いただきました。誠にありがとうございました。10月11日に写真家の唐木孝治さんを審査委員長に審査会を開き、11点の入賞作品を決定しました。
 コンテストは今年も行う予定です。組合員の方だけでなく、どなたでもご応募いただけます!初心者の方も大歓迎です!また、来年のカレンダーに使用する写真も募集する予定です。こちらは上伊那在住の方のみ応募できます。皆さんのご応募を心よりお待ちしています!

黄金色に誘われて! 黄金色に誘われて!
伊那市富県 小林 兼久さん

■コメント
渡場の皆さんがコミュニティ形成の場にと放水用地を借り受け植栽されたイチョウ並木。秋の風物詩として訪れる人の目を楽しませています。

■寸評
子どもたちが秋を楽しみながら遊んでいる姿が温かい気持ちにさせてくれる作品です。子どもたちの姿に希望を感じ、未来につながるような写真です。

さあ始まるよ さあ始まるよ
中川村 宮澤 信さん

■コメント
子どもたちが元気いっぱい土手を駆けた。腰びくが大きく揺れる、初めての田植えである。

■寸評
昔ながらの手植えを必要とする棚田の田植え。広々としたところで解放的になった子どもたちの喜ぶ歓声が聞こえてきそうな作品です。

稲刈りの頃 稲刈りの頃
伊那市荒井 向山 世男さん

■コメント
機械で束ねることができない稲をひざを台にして腰に付けたわらで結んでいるところです。笑顔がすてきでした。

■寸評
やっぱり笑顔が一番ですね。希望も明るさも笑顔に勝るものはありません。人生は笑顔で過ごしたい、そんな希望が感じられる作品です。

水仙とやまなみ 水仙とやまなみ
伊那市富県 田畑 平吾さん

■コメント
県外の方も大勢撮影に来ていました。甲斐駒、仙丈ケ岳、北岳など、山の名前をメモして帰った方もいました。

■寸評
残雪の山と水仙群の魅力が伝わって春を感じさせてくれます。残雪の山とのバランスがいいですね。

花のある風景 花のある風景
飯島町 小林紀一さん

■コメント
初秋の青天下、いろいろな花が咲き乱れていました。

■寸評
花々の色のコントラストがうまく表現されていますね。家々もアクセントになっています。

春の競演 春の競演
埼玉県 早野由香さん

■コメント
春の大草城址公園は、中央アルプスをバックに桜が美しく咲き乱れていてきれいでした。あの日の感激を伝えたいと思いました。

■寸評
天気のよさが幸いして春爛漫の躍動感が伝わってきます。タイミングがよかったですね。

桜の咲く頃 桜の咲く頃
千葉県 小栗山秀男さん

■コメント
三峰川堤防の桜並木を撮影中、カラフルなザックを背負った3人組が自転車で来たので急いで撮りました。

■寸評
3人の姿と桜の風情が春の息吹を感じる作品です。

赤そば小径 赤そば小径
神奈川県 岩渕貴志さん

■コメント
さわやかな赤そば畑の間を2人で歩くすてきなデート。

■寸評
S字の構図を使って遠近感を出した作品です。もう少し赤そばが赤いともっとよかったですね。構図としては上手に処理されています。

さんよりこより さんよりこより
伊那市西春近 久保村由人さん

■コメント
今年も災害がないよう、神様はこれから川を渡り富県の天白社へ。

■寸評
地域で守る伝統行事のひとコマです。広角レンズに付け替え、自分も祭りに参加している雰囲気で撮ればもっと気持ちが伝わってくるのでは。

落日の田 落日の田
伊那市西春近 酒井幸一さん

■コメント
飯島町からの帰りに稲わらが立てかけてある風景を発見。ちょうど太陽が沈むころだったので、ドラマティックになるようなイメージで撮りました。

■寸評
晩秋の日の入り。冬近い田んぼの情景が落日の光の中で上手に強調されています。

市長の休日 市長の休日
駒ヶ根市赤穂 井口眞吾さん

■コメント
自然に優しく、食べて安全安心な自然栽培農法の農産物で郷土を発展させるリーダーの牽引力に期待。伊那谷の農がより前進することを願っている。

■寸評
この作品もやっぱり笑顔でしょう。笑顔が農業の明るさを伝える一番の手段ですね。