1. ホーム
  2. JA上伊那のご案内
  3. JA上伊那フォトコンテスト
  4. フォトコンテスト2010

JA上伊那フォトコンテスト2010入賞作品

最優秀賞

「なかまにいれて!」 「なかまにいれて!」
伊那市  小林 兼久さん

優秀賞

  • 「今年の出来はどうかな!!」 「今年の出来はどうかな!!」
    伊那市 向山 世男さん
  • 「宇宙の中で」 「宇宙の中で」
    伊那市 螺良 徹さん

佳作

  • 「今年は豊作」 「今年は豊作」
    飯島町  片桐 久司さん
  • 「一日の終わるころ」 「一日の終わるころ」
    駒ヶ根市  北村 廣志さん
  • 「落ち穂拾い隊出陣!!」 「落ち穂拾い隊出陣!!」
    箕輪町  伊藤 知代さん

地域づくり賞

  • 「野沢菜収穫─我が家の味づくりはここから─」 「野沢菜収穫─我が家の味づくりはここから─」
    伊那市  北原 はるみさん
  • 「実りの笑顔」 「実りの笑顔」
    飯島町  小林 紀一さん
  • 「じゃがいもゲット」 「じゃがいもゲット」
    伊那市  伊藤 好幸さん

特別賞

  • 「厳冬の果樹園」 「厳冬の果樹園」
    駒ヶ根市  井口 眞吾さん
  • 「稲刈りの楽しみ」 「稲刈りの楽しみ」
    南箕輪村  細井 浩明さん

JA上伊那フォトコンテスト2010
テーマ:

 JA上伊那では「上伊那の『農』と『暮らし』」をテーマにフォトコンテスト2010を開き、農村や自然風景、家族や子どもたちによる農作業や人々の暮らしといったやさしさややすらぎ、元気を感じ、季節感あふれる作品85点を38人の写真愛好家の皆さんからご応募いただきました。
 審査会は11月5日に本所で開き、JA組合長賞(最優秀賞)1点、 優秀賞2点、佳作3点、入選3点、特別賞2点の計11点の入賞作品を決定しました。
 審査は宮田村出身のプロカメラマン唐木孝治さんを審査委員長に、地元報道関係の皆さんやJA役職員などが慎重に選考しました。
 審査を終えた唐木審査委員長は「年々レベルが上がってきている。審査員は選ぶのに苦労したと思う。これからも写真文化の発展のためがんばってもらいたい」と話していました。
 入賞作品をはじめとした全応募作品は、11月13・14日のJAまつり本所会場で展示し好評を得ました。また、表彰式は開会式直後に行いました。
 ご応募いただいた皆さん、また展示会場にお越しいただいた皆さん、誠にありがとうございました。
※コメントは撮影者ご本人、寸評は唐木孝治さんによるものです。

「なかまにいれて!」 「なかまにいれて!」
伊那市  小林 兼久さん

■コメント
長谷の山里に並んだかかしの出来栄えに引き込まれ、近づいてみたくなりました。子どもも大喜び。

■寸評
場所の選定がよく、景観としてのとらえ方がうまい作品です。子どもたちの遊ぶ表情もいいです。
最優秀賞にふさわしい作品ですね。

「今年の出来はどうかな!!」 「今年の出来はどうかな!!」
伊那市 向山 世男さん

■コメント
長谷方面に撮影に行った折よい出会いがありました。一服しながら今年の出来はどうだろうと思っているところです。

■寸評
日本の農業を支える姿、哀歓とともにがんばる姿が伝わってくる非常に魅力的な作品です。

「宇宙の中で」 「宇宙の中で」
伊那市 螺良 徹さん

■コメント
広々とした田の中での補植で水紋ができ、宇宙の中で作業をしているようでした。

■寸評
波紋とカラートーンのバランスが絶妙の作品。非常に写真的な上位入賞にふさわしい作品です。
被写体として農業の時代に沿った目も必要です。

「今年は豊作」 「今年は豊作」
飯島町  片桐 久司さん

■コメント
快晴の中での皮むきでした。

■寸評
市田柿の取り入れの色の鮮やかさ。顔も柿色に染まっていい風情をとらえていますね。

「一日の終わるころ」 「一日の終わるころ」
駒ヶ根市  北村 廣志さん

■コメント
太陽が中央アルプスに沈むころ、長い長い田植えの一日が終わろうとしています。若い親子の姿が夕日に輝いて見えました。

■寸評
夕日に浮かび上がるシルエットをうまくとらえたフォトジェニックがいい(写真写りがいい)作品です。

「落ち穂拾い隊出陣!!」 「落ち穂拾い隊出陣!!」
箕輪町  伊藤 知代さん

■コメント
兄妹そろって落ち穂拾いがしたくてしたくて…。
競い合って拾いに突撃していくようすがなんとも微笑ましくて、シャッターを押しました。

■寸評
ソフトな感じから、早く家に帰ろうというようすが感じられる作品です。
子どもの記憶に残るふるさとの風景ではないでしょうか。

「野沢菜収穫─我が家の味づくりはここから─」 「野沢菜収穫─我が家の味づくりはここから─」
伊那市  北原 はるみさん

■コメント
おばあちゃんの味は我が家には欠かすことができません。

■寸評
冬を迎える作業への緊張感が伝わってくる表情がいいですね。冬支度への緊張感が伝わってくる作品。

「実りの笑顔」 「実りの笑顔」
飯島町  小林 紀一さん

■コメント
リンゴの収穫期を迎え喜ぶ生産者を写しました。

■寸評
美しい色合いのなか、今年も収穫の時季を迎え、たくさん実ってよかったという表情がいいですね。

「じゃがいもゲット」 「じゃがいもゲット」
伊那市  伊藤 好幸さん

■コメント
大きいの小さいの、保育園のイモほりは楽しいな。

■寸評
ジャガイモ収穫の記念の一コマでしょうか。子どもたちのさまざまな表情に楽しい収穫の雰囲気が伝わってきます。

「厳冬の果樹園」 「厳冬の果樹園」
駒ヶ根市  井口 眞吾さん

■コメント
厳しい冬にもおいしいリンゴを栽培するため丹精込め作業をする姿に感動しました。

■寸評
世代を超えて作業をする雰囲気が伝わってきます。
補助光を使うことで、おばあさんが鮮明に表現され、季節感が伝わってくる作品です。

「稲刈りの楽しみ」 「稲刈りの楽しみ」
南箕輪村  細井 浩明さん

■コメント
祖父に作ってもらったブランコで遊びました。最高に気に入りました。

■寸評
はざに作ったブランコ。農作業のなかの子どもの楽しみ。郷愁を誘う楽しい写真です。