1. ホーム
  2. JA上伊那のご案内
  3. JA上伊那について
  4. 基本理念

JA上伊那の基本理念

協同組合原則 1995年第2回ICA全体総会採択

■定義
協同組合は人々が自発的に結びついた自律の団体です。人々が共同で所有し民主的に管理する事業体を通じ、経済的・社会的・文化的に共通して必要とするものや強い願いを充たすことを目的にしています。
■基本的価値
協同組合は、自助、自己責任、民主主義、平等、公正、連帯という価値観に基づいています。組合員は、創始者たちの伝統を受け継いで、正直、公開、社会的責任、他者への配慮という倫理的な価値を信条としています。
■協同組合原則
協同組合原則は、その価値を実践していくうえで、以下の原則を指針としています。

第1原則 自主的で開かれた組合員制

協同組合は、自主性に基づく組織です。その事業を利用することができ、また、組合員としての責任を引き受けようとする人には、男女の別や社会的・人種的・政治的あるいは宗教の別を問わず、誰にでも開かれています。

第2原則 組合員による民主的な管理

協同組合は、組合員が管理する民主的な組織です。その方針や意志は、組合員が積極的に参加して決定します。代表として選ばれ役員を務める人たちは、組合員に対して責任を負います。単位協同組合では、組合員は平等の投票権(一組合員一票)を持ち、それ以外の連合会などの上部組織も、民主的な方法で管理されます。

第3原則 経済的側面での組合員参加

組合員は自分たちの協同組合へ公平に出資し、これを民主的に管理します。組合の資本の少なくとも一部は、通常、その組合の協同の財産です。組合員が加入の条件として出資した出資金に対して、何がしかの利息を受け取るとしても、その率は通常制限されます。剰余金は組合員によって次の使途の一部もしくは全部に充てられます。

■自分たちの組合の発展のため、できれば準備金として留保し、その少なくとも一部は分割できません。
■組合員との取引高に比例して、組合員に分配するため
■組合員が承認するその他の活動を支援するため

第4原則 自主・自立

協同組合は、組合員が運営する自律、自助の組織です。協同組合が政府を含む外部の組織と提携し、あるいは組合の外部から資本を調達する場合、組合員による民主的運営を堅持し、協同組合の自主性を確保できるような条件で行なうものとします。

第5原則 教育・研修、広報

協同組合は、その組合員、選ばれた役員、管理職、従業員に対し、それぞれが組合の発展に効果的に貢献できるように、教育や研修を実施します。協同組合は、一般の人々、 ―とくに若者や世論に影響力のある人たち― に対して、協同組合の特質やその利点について広報活動をします。

第6原則 協同組合間の協同

協同組合は、地域、全国、国際的な仕組みを通じて協同することにより、自分の組合員にもっとも効果的に奉仕し、また協同組合運動を強化します。

第7原則 地域社会への配慮

協同組合は、組合員が承認する方針にしたがって、地元の地域社会の持続可能な発展に努めます。

JA綱領 わたしたちJAのめざすもの

わたしたちJAの組合員・役職員は、協同組合運動の基本的な定義・価値・原則(自主、自立、参加、民主的運営、公正、連帯等)に基づき行動します。そして地球的視野に立って環境変化を見通し、組織・事業・経営の革新をはかります。さらに、地域・全国・世界の協同組合の仲間と連携し、より民主的で公正な社会の実現に努めます。 このため、わたしたちは次のことを通じ、農業と地域社会に根ざした組織としての社会的役割を誠実に果たします。

  • 1. わたしたちは、地域の農業を振興し、わが国の食と緑と水を守ろう。
  • 1. わたしたちは、環境・文化・福祉への貢献を通じて、安心して暮らせる豊かな地域社会を築こう。
  • 1. わたしたちは、JAへの積極的な参加と連帯によって、協同の成果を実現しよう。
  • 1. わたしたちは、自主・自立と民主的運営の基本に立ち、JAを健全に経営し信頼を高めよう。
  • 1. わたしたちは、協同の理念を学び実践を通じて、共に生きがいを追求しよう。

JA上伊那ビジョン

わたしたちJA上伊那は、農を基盤に助け合い、ともに喜びを分かち合える地域社会をめざします。

合い言葉

~みんなのために あなたといっしょに~

中期目標(H28~H30)

基本方針1【農をつくる】

農業者が安心して農業を営むことができ、農畜産物を安定的に供給できる産地「上伊那」を確立します。

基本方針2【くらしをつくる】

多様なつながりで安心な「くらしと地域社会」を実現します。

基本方針3【JAをつくる】

自己改革を実現し、組合員が主役となるJAづくりをすすめます。

JA上伊那 申し合わせ

みんなの役割
お互いの役割を確認し協同の力を発揮しましょう。

組合員の役割

私たち組合員は、

  • 1. 組合員や組合のあらゆる活動にみんなで参加します。
  • 1. すすんで発言し、建設的な提言をします。
  • 1. 事業や施設はすすんで利用します。
  • 1. 協同の力で助け合い、仲間づくりにつとめます。

役員の役割

私たち役員は、

  • 1. 組合員の役割を尊重し、誠実に職責を果たします。
  • 1. 地域の利益にとらわれず、組合員の総意に従って行動します。
  • 1. 事業や施設の利用の先頭にたちます。
  • 1. 相互の立場を尊重し、協同の心で組合を運営します。

職員の役割

私たち職員は、

  • 1. 「助け合いの心」を大切にして行動します。
  • 1. 組合員・利用者の立場にたって対応します。
  • 1. 自己啓発に努め視野を広げます。
  • 1. 事業や施設はすすんで利用します。